OWNDAYS

お問い合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

フリーダイアル

[受付時間] 10:00 - 19:00

フリーダイヤル
言語選択ボタン

OWNDAYS MEETS

野口 啓代 AKIYO NOGUCHI_01

クライミングを始めたきっかけについて教えてください。

11歳のとき、小学校5年生でした。夏休みに家族旅行でグアムに行ったときに、ゲームセンターにたまたまクライミングをする壁がありまして、そこで遊び半分で家族みんなでクライミングをしたのがきっかけでした。
そのたった一回のクライミングですごいはまってしまい、日本に帰ってからもクライミングがやりたくて仕方がなくて、それからずっとやっていますね。

初めてのクライミングのとき、どんなことを感じたか覚えていますか?

はい、覚えてます。すごく楽しかったですね。
もともと、実家が牧場を経営しているんですけど、小さいときから牧場で木登りをしたり、牛舎の屋根に登ったり、牛と戯れて遊んだりとか、そういうのがすごく好きだったので(笑)、初めてクライミングをやったときも、初めての感じがしないといいますか、日頃から家で遊んでる感覚と似ていて、すごい楽しかったのを覚えています。

あと、そのとき子ども用と大人用の課題がありまして、子ども用の課題はすぐに登れたんですけど、大人用の課題が登れなかったんですね。それがすごく悔しくて、またやりたい、いつか難しいのも登れるようになりたいと思いました。

クライミングは単純に登るという行為そのものが楽しくて、登っているときはクライミング以外のことは何も考えないくらい集中していますし、あっという間に時間が過ぎていく感じで、どんどんはまっていきましたね。

野口 啓代 AKIYO NOGUCHI_03

最初に大会で優勝したときのことは覚えていますか?

はい。小学校6年生のときに全日本のユース選手権(19歳以下の大会)で優勝することができたのですが、当時はあまりクライミングをしている子も少なかったですし、努力した上で優勝したというわけではなかったので、あまり大きな達成感がなかったんです。

中学生のとき、父が自宅の古い牛舎を改造してクライミングジムを作ってくれまして、いつもそこでクライミングをしていたんですが、真剣にトレーニングをするという感じではなかったんですね。
その後、高校生になって世界選手権に出させていただけるようになって、初めてトレーニングを頑張りました。
16歳のとき、初出場した世界選手権では、絶対自分がビリになると思っていたのですが、ファイナルまで残って、3位になることができたんです。そのときは自分がやってきたことが結果に出て、達成感を得ることができましたし、それからはトップを目指してトレーニングをすることが楽しくなっていました。

野口 啓代 AKIYO NOGUCHI_03

「切り拓く未知なる道」

どういうタイミングでプロになる決意をしたのでしょうか?

大学生のときにワールドカップに熱中していたんですが、プロになるという感覚がいまいち持てなくて、学生をやりながらクライミングをしていたんですけど、初めて海外でワールドカップを優勝したときに、やっぱり私にはこれしかない、と思ったのがきっかけですね。
日本に帰って、大学を辞めてこれ一本でやっていこうって決めました。

私がプロとしてやっていこうと思ったときは、私の上にプロとして活動している方がほとんどいなかったんですね。
クライミングでプロって存在するのかなという時代だったので、まずプロになるといっても、何がプロなのか、プロとして何をやっていけばいいのかも分からなかったですし、もう自称プロみたいなところからのスタートでした。

野口 啓代 AKIYO NOGUCHI_04

ここ数年で業界が少しずつ盛り上がってきていますね。

私がクライミングを始めた12,3年前は「クライミングって何?」っていう感じで、人と話をするときもクライミングの説明からしないといけない時代でした。
でも、最近では「クライミングやっています」と言うと、「あっ、あの駅にジムがあるよね」「この前テレビで見たよ」とか、そういう反応が返ってくるようになって、それだけでもすごく嬉しいです。
昔は全然いなかったのですが、クライミングをやっている友達が増えましたね。

クライマーとして、これからはどのような道を歩んでいかれますか?

徐々にクライミング界が盛り上がってきていて、少しずつクライミングのことを知っていただけるようになってきていると思うので、それをもっともっと広げていきたいなと思っています。

自分はクライミングからすごいたくさんのことを学んだし、すごくいい思い出ばかりなので、クライミングの楽しさとか面白さを一人でも多くの方と共有していけるように、一生クライミングをしていきたいですね。

取材協力:Fish and Bird / インタビュー:2014年1月

Guest Select

一目見てすぐに自分にはこれが合うなと思いました。私は視力は悪くないので、普段はファッションで伊達メガネを楽しんでます。今回選んだメガネは今日のウェアのカラーに合うかなと思って選びました。その時の格好によってデザインとかカラーを変えられるので、何本持っていてもいいですよね。

AIR Ultem

BRAND: AIR Ultem
P/No.: OT2025A-C1
COLOR: Matte Black

野口 啓代 AKIYO NOGUCHI_05
野口 啓代 AKIYO NOGUCHI Profile

野口 啓代

プロフリークライマー

Profile

1989年5月30日生まれ。
小学5年生の時に家族旅行で行ったグアムでフリークライミングに出会う。
翌年行われた全日本ユース選手権で中高生を抑え、優勝するなど瞬く間に頭角を現す。
その後も国内外の大会で輝かしい成績を残し、2008年には日本人女性としてワールドカップボルダリング種目で初優勝、その年の年間総合優勝も達成し、さらに翌年の2009年も頂点に輝き、総合優勝連覇を(日本人初)も成し遂げる。
ワールドカップなどを中心に世界を転戦する日本が誇る世界屈指のクライマー。

http://akiyonoguchi.com/

AKIYO NOGUCHI x AIR Ultem

Archive

  • Mike Havenaar / プロサッカー選手
    #13 Mike Havenaar / プロサッカー選手
  • SABU /映画監督
    #12 SABU /映画監督
  • 弘兼 憲史 / 漫画家
    #11 弘兼 憲史 / 漫画家
  • Chocomoo (チョコムー) / イラストレーター
    #10 Chocomoo (チョコムー) / イラストレーター
  • 上田 斉 / 建築家
    #09 上田 斉 / 建築家
  • 南雲 主于三 / ミクソロジスト・Barオーナー
    #08 南雲 主于三 / ミクソロジスト・Barオーナー
  • 鈴木啓太 / プロサッカー選手
    #07 鈴木啓太 / プロサッカー選手
  • 越乃リュウ / 元宝塚
    #06 越乃リュウ / 元宝塚
  • 五味 隆典 / 総合格闘家
    #05 五味 隆典 / 総合格闘家
  • 奥ノ谷 圭祐 / アパレルメーカー社長
    #04 奥ノ谷 圭祐 / アパレルメーカー社長
  • 野口 啓代 / プロフリークライマー
    #03 野口 啓代 / プロフリークライマー
  • 四宮 洋平 / 元プロラグビー選手
    #02 四宮 洋平 / 元プロラグビー選手
  • JUN HAGAN / モデル・デザイナー
    #01 JUN HAGAN / モデル・デザイナー

Guest Select

一目見てすぐに自分にはこれが合うなと思いました。私は視力は悪くないので、普段はファッションで伊達メガネを楽しんでます。今回選んだメガネは今日のウェアのカラーに合うかなと思って選びました。その時の格好によってデザインとかカラーを変えられるので、何本持っていてもいいですよね。

AIR Ultem

ブランド/AIR Ultem  品番/OT2025A
価格/¥9,780(税抜) カラー/C1:マットブラック

野口 啓代 AKIYO NOGUCHI_05