2021.04.07 | HOW TO

メガネにおけるモダン(先セル)って何のこと?素材やタイプとは

これからメガネを購入しようかどうか検討するときにぜひチェックしてほしいのが、モダンと呼ばれている箇所です。実は、モダンはメガネのかけ心地を左右する重要な役割を担っているのです。そこで、モダンにはどのような素材やタイプがあるのかをはじめ、選ぶ際にはモダンの何をみればよいのかなどを解説します。

メガネのモダン(先セル)ってどんな特徴があるの?

メガネのモダンには、どのような特徴があるのかを次から紹介していきます。

メガネにおけるモダン(先セル)とは

モダンとは、メガネ先端のカーブ状になっている耳あての部分のことです。プラスチックの素材でできています。モダンにはメガネをかけたときの負担を減らしたり、前傾姿勢になったときにメガネが落ちるのを防いだりする働きがあるのです。また、モダンはメガネのかけ心地を左右する部分ともいわれています。そのため、どのようなモダンを選択するかは重要です。自分の耳に合ったモダンを選ぶと、長時間メガネをかけていても耳が疲れにくくなるでしょう。逆にモダンが合っていないと、目が疲れたり、耳や鼻、こめかみが痛くなったりします。

メガネのなかでは目立たない部分ですが、実は大切な役割を担っているのです。モダンの箇所をよくチェックしてから、メガネを選ぶようにしましょう。また、モダンは耳や髪の毛に直接触れる部分であるため、どうしても汚れがつきやすくなります。汚れたからといって、メガネそのものを買い替える必要はありません。モダンの部分のみ、メガネから取り外して交換できる場合がほとんどだからです。ただし、最初からモダンがグラグラして取れやすいものは安定感が悪くて、かけ心地がよくありませんし、メガネが落ちてしまいやすい傾向にあります。モダンを触ってみてしっかりと固定されていないようであれば、購入を避けるようにしましょう。

モダン(先セル)の素材

モダンには、主にプラスチック素材が使われています。プラスチック素材にはカラーバリエーションが豊富で軽いといった特徴があります。そのため、モダンにはプラスチック素材がよく使われているのです。また、プラスチック素材といっても、セルロイド、オプチル、グリルアミドTR-90、ポリエーテルイミド樹脂など、その種類はさまざまです。モダンの素材として主に使われているものとしては、セルロースプロピオネートとアセテートが挙げられるでしょう。

アセテートを素材とするモダンには、通常のモダンよりも長いといった特徴があります。また、アセテートは縮みやすい素材であるため、裏でネジ止めをしてメガネのフレームとつながっています。実はメガネのフレームの多くは、このアセテートで作られているのです。一方、セルロースプロピオネートを素材とするモダンには、長さや安定性のバランスがとれているというメリットがあります。なかには、セルロースプロピオネートにシリコンをつけることで、メガネが顔からズレてしまうことを防止しているモダンもあります。ちなみに、セルロースプロピオネートは、メガネのパッド(鼻あて)の部分にも使われています。

モダン(先セル)のフィッティング

フィッティングするときは、耳の付け根に沿って、三次元的にモダンをトレースしていくようにしましょう。まず、モダンの落ち込み角を考えて、屈折点の目安をつけて折り曲げます。屈折点がしっかり曲がっていないと、耳にうまくかからずに、メガネが落ちやすくなるので気をつけるようにしましょう。また、フィッティングの際に注意したいのが、あとで違和感や痛みが出ないように、耳を強く圧迫してしまわないことです。耳の付け根の形に合わせて添わせるだけにしておきましょう。モダンが耳の付け根の形状に合うまで、何度もトレースを繰り返します。

自分の耳にモダンを合わせるのは非常に難しい作業です。実はメガネがきつくて耳が痛くなったり、緩くて落ちそうだったりするのは、モダンのフィッティングがうまくいっていないからなのです。たとえば、フレーム幅がきつめで、モダンをしっかりと曲げなくても顔にフィットしてしまっている場合は、気をつけるようにしましょう。モダンのフィッティングが不正確であったとしても、自分の耳に合っているように思えてしまうからです。そのため、フレーム幅を少し緩めてから、モダンのフィッティングをすることをおすすめします。モダンのフィッティングが終わってから、フレーム幅を元に戻すとよいでしょう。

メガネのモダン(先セル)をみるときのポイント

まず、メガネを手に取ってモダンの箇所がグラグラしていないか、チェックしてみましょう。実は、モダンの箇所のみ取り外して交換できるようになっているメガネが多いのです。モダンが汚れたり、壊れたりした際に簡単に取り換えることができるため便利なのですが、普段からモダンがグラついているようでは、メガネをぴったりフィットさせることができません。次に、実際にメガネをかけてみて、耳へのモダンの当たり具合を確かめてみます。痛みや違和感があると、長時間かけ続けているのがつらくなります。かけ心地や重量がバランスよく感じるモダンを選ぶようにしましょう。

最後に、メガネをかけた状態で前傾姿勢になってみます。頭を左右に振ってみるのもよいでしょう。このとき、メガネが落ちてしまったり、顔からズレてしまったりしては、自分の耳に合っているとはいえません。

メガネのモダン(先セル)を修理するときのポイント

モダンが汚れたり、破損したりしたときは、メガネのフレームごと買い替えたり、モダンそのものを直したりするようなことはしません。モダンの箇所のみ新しいものと交換して修理することになります。場合によっては、修理するメガネ屋に希望するモダンが置いていないこともあります。モダンをメーカーから取り寄せる場合は、交換修理に4~5日程度かかるとみておきましょう。しかし、長い年月メガネを使用している場合、型番が古くなってしまっていることがあります。そうなると、メーカーにも在庫がなく、同じモダンを手に入れることができないケースもあるのです。そのため、同じモダンにこだわるのであれば、修理することが難しくなります。

ただし、モダンは同じ型番のものでないと交換できないというわけではありません。メガネ屋には、さまざまなモダンの種類が取り揃えられています。メガネ屋の店員と相談しながら、メガネのフレームの色に似た同じ形状のものを選ぶようにしましょう。メガネ屋では次のようにしてモダンの交換修理を行います。まずは古いモダンに熱を加えて、柔らかくします。そうすることで、曲がっているモダンが伸ばしやすくなるのです。ちなみに、個人でモダンの交換をする場合はドライヤーの熱を使って取り外すとよいでしょう。

ただし、ドライヤーの熱でモダンを折ったりしまったり、レンズを破損させてしまったりする可能性がありますので、メガネ屋に修理を頼むほうが安全です。かかる交換修理の費用も、1000円もかかりません。その後、モダンをメガネから取り外します。次に、新しいモダンをメガネに取りつけます。つけ終わったら、耳の付け根に合わせてモダンをトレースしていきましょう。その際、耳にフィットするように何度も繰り返し調整していくのです。

自身の耳に合うモダンを選びメガネを購入してみよう

今回紹介したモダンの選び方のポイントを参考にしながら、実際に試着してみて、自分の耳にぴったりフィットするメガネを探してみましょう。その際、おすすめしたいのが、ファッション性豊かなメガネフレームを取り揃えていることで人気のOWNDAYSです。オンラインストアや最寄店舗にて、自分に合ったメガネを探してみてはいかがでしょうか。

記事一覧に戻る
TOP

TOP