• セール終了まで

    あと12日間

  • [オンラインストア限定] アウトレットセール開催中!

    対象商品

    50%OFF

  • 対象商品はこちら

2021.09.06 | HOW TO

自分に合った眼鏡を見つけよう!眉毛のタイプ別の眼鏡の選び方

メガネと近い位置にある眉毛には深い関係があります。自分に似合うメガネを選ぶには、自分の眉毛に合ったメガネがどんなメガネなのか知ることが重要です。ここでは、メガネと眉毛の関係、眉毛のタイプ別に似合うメガネについて説明します。メガネを自分の顔に、より自然に見えるようにマッチングするために、自分の眉の形も考慮してフレームを選ぶことをおすすめします。

メガネと眉毛の関係とは?

眉毛の形は、人それぞれですが、その人の印象や個性を作り出す重要な部分であり、顔の8割の印象を左右するといわれています。そのため、眉毛は眼鏡をかける際の最大のポイントともいえるでしょう。たとえば、メガネに対して眉の角度がきつすぎると、「キツい」という印象を与えてしまったり、怖い顔に見えてしまったりすることがあります。メガネをかけたときに、自然な印象にするためには、眉の形とメガネの上のラインを合わせるのがコツです。

POINT
眉の形とメガネの上のラインを合わせる

メガネフレームの種類

自分の眉毛に合ったメガネを選ぶには、まずメガネのフレームにどのような種類があるのかを知っておきましょう。ここでは、メガネフレームの種類について紹介します。

ラウンド型

海外の俳優やアーティストも多く愛用している「ラウンド型」は円に近い丸形をしていることが特徴です。「やわらかい」や「かわいい」といった印象を与えるだけではなく、個性を強調したり、顔に動きや楽しさを出したりする効果があるため、多くの女性にも好まれています。

ラウンド型はエラの印象を和らげてくれるとされており、フレームの大きさや太さを変えれば顔の形に関係なく合わせることができます。

オーバル型

性別・年齢問わず人気が高く定番の1つとされる「オーバル型」は、横長の楕円形のフレームです。フレームの丸みによって、柔らかく自然な印象になるため、かける人を選びません。ラウンド型同様丸みを帯びた形であるため、エラの印象を和らげてくれるとされています。また、ラインが目元に近いため、目の下のたるみやくすみを隠す効果もあります。

顔の印象がキツく見られるのが気になる方は、オーバル型のフレームをかけることで、顔に馴染みやすく柔らかい印象になります。

ボストン型

日本国内でも明治時代や大正時代の人たちが愛用していた定番タイプのフレームといえば「ボストン型」です。その当時、アメリカのボストンで流行していたことから、ボストン型という名前となったとされています。ボストン型も丸メガネの1種ですが、下のラインがやや短く逆三角形に近い形をしています。そのため、知的な印象やレトロな印象を与えます。

そのほか「活動的」「若々しい」といったフレッシュな印象を与え、小顔に見せてくれる効果もあります。

スクエア型

「スクエア型」は、その名のとおり、レンズの形が四角で横長の長方形タイプの直線的なフレームです。レンズの形が正方形に近づけば近づくほど、ファッション性が高まります。直線的な見た目によってシャープな印象を与えるため、男性に人気のデザインです。「シャープ」「知的」な印象を与え、顔の印象を引き締める効果もあります。

顔の丸みが気になる方は、スクエア型のフレームをかけることで、顔をシャープに見せて引き締めてくれる効果があります。フレームの色は黒が定番ですが、カラーバリエーションは豊富で好みに応じて選べます。

ウェリントン型

「ウェリントン型」は、丸みを帯びた逆台形型のフレームで、正方形に近い形をしていることが特徴です。スクエア型ほどかっちりしておらず、ラウンド型ほど個性的でないため、ビジネスシーンでもカジュアルな場でも着用できるオールマイティーなフレームだといえます。「落ち着いた」「知的」「冷静」「男性的」な印象で、顔に緊張感を出す効果があるため、男性に好まれています。

また、きちんとした印象を演出しながら可愛らしさも表現できるため、仕事をしている女性にも好まれています。ハリウッドスターがかけたことで、広く知られるようになりました。ボストン型と同様に昔からある定番タイプのメガネのひとつなので、ヴィンテージメガネを多く見つけられるはずです。

自分の眉毛はどのタイプ?眉毛のタイプ別・おすすめの眼鏡

メガネの定番フレームを把握したところで、眉毛の形ごとに似合うフレームを紹介します。一般的には眉のラインとメガネのフレーム(トップライン)の形が似ているものが合うとされています。眉のラインとトップラインの形が似ていれば、顔に馴染みやすく、より自然な印象になります。もっとも、それぞれのフレームの中でも細かい違いがあるので、実際にメガネを購入する際には周りの人の意見を参考にするのも良いでしょう。また、メガネをかける際の眉は、フレームの形に合わせて描き分けるとバランス良く仕上がります。

アーチ眉

眉間から外側に向かってアーチのように緩やかにカーブを描く「アーチ眉」には、フレームも眉と同じようにカーブを描いた丸みのあるオーバル型や、ラウンド型のフレームがおすすめです。

平行眉

眉頭から眉尻に向かって横に一直線に伸びている「平行眉」には、眉と同じようにフレームの上側が直線的なラインのボストン型やスクエア型、ウェリントン型がおすすめです。

上がり眉

眉山が高めのクールでキリッとした印象の「上がり眉」は、眉頭だけはフレームの位置と合わせるようにして、直線的なものや丸みのあるものなど、角度のついていないフレームを選ぶと優しい印象になります。

濃い眉

「濃い眉」には、細めのフレームやクリアな素材感のものを選ぶとバランスが取りやすく柔らかい雰囲気になるのでおすすめです。また、目と眉の間隔が広いならば縁の太いタイプ、目と眉の間が狭いならば縁の細いタイプが似合います。

「OWNDAYS」で自分にピッタリのメガネを見つけよう!

自分に似合うメガネを選ぶためには、眉毛の特徴と、それに合ったメガネの形を選ぶことが重要です。バラエティー豊かなメガネを扱っている「OWNDAYS」なら自分にピッタリのメガネが見つかるでしょう。ここで紹介したフレーム以外にも多数取り揃えているので、自分の眉に合うフレームを店頭で探してみてください。その際、店頭のスタッフや友人など第三者の意見を参考にするのもおすすめです。

MM1008B-0S C3 / ゴールド

記事一覧に戻る
TOP

TOP