2022.03.28 | FASHION

ボストンタイプのメガネの魅力とは?似合う顔型や選び方のポイントも解説

メガネは手軽にイメージチェンジできるアイテムとして人気です。なかでも、ボストンタイプのメガネはデザイン性が高く、おしゃれなイメージから高い人気があります。ただ、自分にボストンタイプが似合うのか、またどのように選べば良いのか、悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事ではボストンタイプの特徴や似合う顔型、顔型別の選び方のポイントについて紹介します。

ボストンタイプってどんなメガネ?

ボストンタイプはいわゆるクラシック系に分類されるメガネです。定期的に流行し、今ではデザイン性や汎用性の高さから定番化しています。雑誌やテレビなどでコーディネートのポイントとしてスタイリングされることも多く、年齢・性別を問わず高い人気があります。丸型で下側がやや細く、おにぎりを逆さにしたような形がボストンタイプの特徴です。天地幅(レンズの縦幅)がしっかりとあり、視野が確保しやすいためデザイン性と機能性を兼ね備えています。同じ丸型メガネの「ラウンド」「オーバル」の中間にあたる形です。

逆三角形型とも呼ばれシャープな印象もありますが丸みのあるデザインのため、優しく知的なイメージを演出したい方におすすめです。また、丸メガネほど個性的な印象がないので、かけやすいことが特徴です。幅広いファッションとの相性が良く、ビジネスからプライベートまでさまざまなシーンで活用できます。ボストンタイプのメガネをコーディネートに取り入れることで、手軽におしゃれな雰囲気をプラスできます。

ボストンとウェリントンとの違いは

ボストンに似ているフレームに「ウェリントン」があります。どちらもクラシック系のデザインで一見似ていますが、実際にかけてみるとイメージに大きな違いが出ることも。混同されがちなフォルムですが、それぞれの特徴をきちんと把握しておくことで、より自分に似合うメガネを選びやすくなります。

ボストン

ボストンは逆三角形の角を丸くしたような形をしていることが特徴です。角がないため顔の印象も優しくなり、やわらかな雰囲気が出ます。丸みのある形ですが、丸メガネほど個性的な印象が無く似合う人を選ばないため、クラシック系の万能型といえるでしょう。顔の輪郭を選ばず比較的どなたでも似合いやすい形ですが、丸顔の方は輪郭を強調してしまうことがあります。

ウェリントン

ウェリントンは台形を逆さにして、角を丸くしたような形をしています。知的でクールな印象を与えられるため、フォーマル・ビジネスシーンにも向いています。おしゃれさを出しつつも、適度にきちんと感を演出したい場合にもおすすめです。天地幅(レンズの縦幅)が広く、輪郭のバランスを良く見せてくれます。ボストン同様、比較的どなたでも似合いやすい形です。

素材による雰囲気の違い

同じボストンタイプのメガネでも、色や素材の組み合わせで雰囲気がガラッと変わるので、なりたいイメージに近いもの、自分にぴったりの1本を見つけるためにも、素材別の印象についてチェックしていきましょう。

メタル素材

メガネのフレームに使用される主なメタル素材にはチタン・金・プラチナ・合金などの種類があります。メタル素材のボストンタイプは、より知的で洗練された印象を与え、落ち着いた雰囲気を演出することができます。フレームの主張が強すぎないメタル素材ならではの細身なフレームは、年齢・性別・シーンを選ばずスーツなどのスタイルにも合わせやすいので、ビジネスシーンにもおすすめです。カジュアルなスタイルに合わせると抜け感のあるコーディネートになります。

プラスチック素材

メガネのフレームに使用されるプラスチック素材は、「セルフレーム」とも呼ばれるほどセルロイドが主流でしたが、現在はセルロイドの他に、アセテート・ウルテム樹脂なども使われています。プラスチック素材のフレームは軽やかでカジュアルな印象です。フロント部分に飾りがあるなどデザイン性が高いものも多く、カラフルな色や柄物など種類が豊富なことが特徴で、リムの太さや色によって与える印象をがらりと変えることができます。太いフレームは目元の印象を強め、コーディネートのポイントとして活躍します。

コンビネーション素材

コンビネーション素材とは、メタル素材とプラスチック素材を組み合わせたものです。洗練された印象のメタル素材とカジュアルな印象のプラスチック素材の両方を使うことで、個性的な雰囲気を演出できます。異なる素材の切り替えがメリハリを生み、おしゃれな印象を演出してくれます。

ボストンタイプはこんな人に似合う

天地幅(レンズの縦幅)が広く、曲線的で円に近いフレームなので、面長顔・四角顔の方にバランスよく似合います。下に向かってやや細くなるデザインのため三角顔の方にも似合い、万人受けするフレームでもあります。ただし、丸顔の方は輪郭を強調してしまうこともあるので、避けた方がよいでしょう。

ビジネススタイルでもプライベートのカジュアルスタイルでも、かっちりとしすぎないので、柔らかく優しい雰囲気の方には特におすすめです。逆に少し印象をシャープにしたい場合は、メタル素材のフレームを選ぶことで雰囲気が変わります。

顔型別の選び方のポイント

顔の輪郭に合うメガネを選ぶことで魅力をより引き出したり、なりたい印象に近づけることができます。ここでは、顔型別にボストンタイプのメガネを選ぶコツを見ていきましょう。

面長顔の方におすすめのボストンタイプ
天地幅が広い フレームの下側が太め アンダーリム

面長顔の方は、天地幅(レンズの縦幅)が広いボストンタイプを選ぶと、輪郭を短くすっきりと見せてくれるのでおすすめです。さらに、フレームの上側よりも下側が太めのものを選ぶと、視線が下に集まりやすくメガネと顎との距離を短く見せることができます。レンズの下部分にのみフレームがあるアンダーリムもおすすめです。フレームは細いものを選ぶと、小顔効果も期待できるのでおすすめです。

四角顔の方におすすめのボストンタイプ
太めのフレーム 天地幅が広く丸みが強い 印象強いカラー

四角顔の方は、丸みの強い円に近い形をしたボストンタイプを選ぶと、曲線がエラを目立たなくさせて、角張った印象を和らげることができるのでおすすめです。また、太めのフレームや存在感の強いカラーでメガネの主張を強めることで顔の印象が引き締まり、フェイスラインをすっきりと見せてくれます。小顔効果を狙うのであれば、天地幅(レンズの縦幅)が広いタイプがおすすめです。メガネが大きく見えるので、顔を小さく見せることができます。可愛らしいイメージを演出したい場合は、レンズの縦幅・横幅の両方が十分にあるゆったりとしたボストンタイプを身に着けると、やわらかい印象に近づきます。

三角顔の方におすすめのボストンタイプ
細めのフレーム 天地幅が狭く丸みが強い

三角顔の方は、丸みの強い円に近い形のボストンタイプが似合います。メガネによって丸みが加わり、シャープなフェイスラインをソフトに見せることができます。フレームは細めで天地幅(レンズの縦幅)が狭いものを選ぶとメガネが浮いて見えず、自然に馴染みやすいでしょう。

丸顔の方におすすめのボストンタイプ
直線があるデザイン クラウンパント

ボストンタイプは顔の丸みを強調してしまうので丸顔の方には、顔立ちをシャープに見せるウェリントンやスクエアタイプのような直線的なフレームがおすすめなのですが、丸顔を強調したくないけれど「ボストンタイプのようなクラシックで丸みのあるメガネをかけてみたい!」という方は、ボストン型のフレームの上部分が横一直線にカットされた「クラウンパント」を試してみてください。丸みのあるデザインに直線的なデザインを合わせていて、丸顔の方にも顔馴染みがよくおすすめです。

ボストンは幅広いシーンで活躍するオシャレなメガネ

ボストンタイプのメガネはビジネスでもカジュアルでも取り入れやすく、高い人気があります。幅広いシーンで活用でき、1本手元にあるとコーディネートの幅がぐんと広がるでしょう。また、比較的顔型を選ばず、誰でも取り入れやすいことが魅力です。OWNDAYSでもさまざまなデザインのボストンタイプのフレームを取り扱っています。ぜひ店舗やオンラインストアをチェックしてみてください。

記事一覧に戻る
TOP

TOP