• セール終了まで

    あと20日間

  • 『夏のクリアランスセール』 開催中!

    対象商品

    70%OFF

  • 対象商品はこちら

2022.07.01 | HOW TO

度付きサングラスとは?特徴・メリット・おすすめの商品について解説!

日頃メガネを愛用している人にとって、コンタクトレンズを必要としない度付きサングラスは、普段使いからスポーツまで幅広い用途に使える大変便利なアイテムです。とはいえ、度付きサングラスは種類がとても豊富で、どれを選べばいいのかと悩んでしまいますよね。そこで、この記事では度付きサングラスの特徴や選び方のポイント、おすすめの商品について詳しく紹介します。

度付きサングラスとは

度付きサングラスとは、メガネが持つ視力矯正機能と、サングラスが持つ紫外線やまぶしさ対策の機能をひとまとめにしたものです。特に、普段メガネを愛用している人がサングラスを着用したいときに大変役に立つアイテムです。

日頃メガネをかけている人が普通のサングラスを使う場合、裸眼もしくはコンタクトレンズを装着して、その上からサングラスをかけなければいけません。しかし、度付きサングラスを持っていれば、そのような煩わしさから解放されます。

度付きサングラスには、レンズの機能やカラーのバリエーションが豊富にあるので、さまざまな着用シーンにあわせて使い分けることが可能です。たとえば、ドライブ中のまぶしさ対策、ゴルフやスキーなどといったアウトドアスポーツ時の紫外線対策、おしゃれ目的など、幅広い場面で活用できます。

度付きサングラスのメリット

度付きサングラスのメリットには、「コンタクトレンズを使用する必要がないこと」や、「幅広い視野を確保できること」などがあります。

視力があまり良くない人がサングラスをかける場合、コンタクトレンズを併用することも多いと思います。しかし、中には目が乾燥しがちだったり、装着中の違和感が気になったりなど、コンタクトレンズが体質的に合わない人は少なくありません。また、花粉症や寝不足で目が充血しているなどの理由で、コンタクトレンズを使用するのがつらいという日もあるでしょう。このようなときに度付きサングラスがあれば、コンタクトを装着することなく手軽に使うことができます。

メガネと併用できるサングラスに、「オーバーグラスタイプ」という種類があります。これはメガネよりも大きなサングラスで、メガネを外すことなく上から装着できるという、メガネユーザーにとって便利なアイテムです。しかし、つけ替える手間がないというメリットがある反面、サングラスのレンズ自体には度が入っていないので、メガネとサングラスがずれている部分については視野が狭くなりがちという難点があります。さらに、メガネとサングラスを二重で装着するので、重くなったり見た目がごつくなったりといったデメリットもあります。一方で、度付きサングラスであれば、レンズ全面に度が入っているので視野を広く確保することが可能です。ランニングやゴルフなど、広い視野を確保しなければならないシーンでとても役に立つでしょう。また、度付きサングラスは見た目がスタイリッシュなので、ファッション性を重視する人にもピッタリです。

機能レンズの種類

度付きサングラスに装着できる機能レンズにはいくつか種類があり、それぞれの特徴や適した使用シーンは異なります。ここでは、機能レンズの代表的な種類や機能について詳しく紹介します。

偏光レンズ

偏光レンズとは、単にまぶしさを軽減するサングラスのレンズとは違い、レンズとレンズの間に「偏光膜」という名の特殊なフィルターが挟み込まれたレンズです。偏光レンズの大きな特徴は、上下左右、斜めから入ってくる乱反射光をカットし、自分が見ている対象物から直線的に入ってくる自然光だけを通過させて視界をクリアにするという点です。

日中に釣りをしている場面を例に、わかりやすく説明します。日中の日差しが強いときに水面を見ると、キラキラして水中の様子を見ることは困難です。このキラキラした光が乱反射光と呼ばれるもので、水中が見えないのはこの乱反射光が目に入ってくるためです。このようなシーンで偏光レンズのサングラスをかけると、乱反射光が遮られるので、水中が見えやすくなります。

さらに、偏光レンズは車の運転でも役に立ちます。特に夏の日差しが強い日の運転では、路面やフロントガラス、対向車からの照り返しが強くなり、視界が悪くなりがちです。この照り返しも乱反射のひとつで、偏光レンズのサングラスを装着することにより、運転時の視界を良好にすることができます。

このように、偏光レンズは照り返しが気になりやすい釣りやドライブだけでなく、ゲレンデのギラギラがまぶしいスキーでもおすすめです。

調光レンズ

調光レンズとは、紫外線の量によって色の濃さが変わる、少し特殊なレンズです。このタイプのレンズを使ったサングラスを装着すると、屋内など紫外線の少ない状況ではレンズの色が薄くなり、紫外線の強い屋外などに出ると色が濃くなります。そして、紫外線のない夜になるとレンズの色は透明になり、見た目は普通のメガネと変わりがなくなります。

つまり、ひとつのメガネさえあれば、屋内や夜間は普段用のメガネとして、日中の屋外ではサングラス用として兼用できるということです。室内ではサングラスの使用を避けたい人や、旅行などでメガネとサングラスをわざわざかけ直すのが面倒という人におすすめです。

度付きサングラスを選ぶときのポイント

度付きサングラスは種類が豊富なため、どのように選べばいいのか悩みがちです。そこで、度付きサングラスを選ぶ際のポイントを紹介します。

好みのデザインを探す

ひとつめのポイントが、とにかく自分が好みだと感じたデザインを選ぶということです。なぜかというと、見た目の好みを無視して選んでも、「身につける楽しさ」がなくなってしまうからです。とても機能的に優れた度付きサングラスを購入したとしても、あまり自分に似合っていなかったり気に入らなかったりすると、着用すること自体が嫌になるかもしれません。洋服やジュエリーと同じで、サングラスも好みのデザインを選ぶことで、ファッションの一部として楽しむことができるのです。

サングラスは、フレームのデザインだけでなく、レンズのサイズによってもかけたときの印象は大きく変わります。サングラスを購入する前には、洋服と同じように、実際に試着をして自分に合うデザインを選ぶようにしましょう。ちなみに、選ぶ際は最初から1種類に絞るのではなく、好みのデザインの中からレンズサイズが大きめのもの、中くらいのものなど複数の候補を選び、そこから絞り込んでいくのがおすすめです。

レンズの種類をチェックする

サングラスのレンズには、豊富な機能やカラーが揃っています。ポイントは、どのような色や濃さのレンズがいいのか、どれが自分の好みなのかを、じっくりと確認して選ぶことです。先述したとおり、レンズの機能には偏光レンズや調光レンズなど、さまざまな種類があります。自分はどんなシーンで使用することが多いのかを考え、レンズの機能面をしっかりチェックして選ぶことが大切です。

目的や用途を考える

度付きサングラスには、使用する状況ごとに適したタイプがあり、それにあわせて選ぶことが大切なポイントです。サングラスを使用するシーンは、ドライブやジョギング、ゴルフ、マリンスポーツ、観光などさまざまです。たとえば、体を動かすスポーツの場面においては、軽さやズレにくさなどが求められるでしょう。快適にサングラスを使用するためにも、用途に合わせて、耐久性や軽さ、フィット感なども意識して選ぶようにしましょう。

オンデーズのおすすめサングラス3選

OWNDAYSでは、デザイン性と機能性に優れたサングラスを豊富に取り揃えています。なお、サングラスの価格に料金を追加することで、度付きに変更することが可能です。ここでは、OWNDAYSがおすすめするサングラスを3つ紹介します。

SUN1063T-1S

SUN1063T-1S

SUN1063T-1S ¥8,000税込

顔になじみやすいようにサイズ感にこだわった、フルリムビッグサングラスです。細部のパーツまで丸みを意識したトレンドのフロントデザインで、おしゃれな雰囲気のある1本に仕上がっています。フロントの側面は厚リム仕様でマットカラーを採用しており、着用したときのアクセントになります。

SUN2098T-2S

SUN2098T-2S

SUN2098T-2S ¥8,000税込

アセテート素材とメタル素材のコンビネーションが印象的なサングラスです。定番のボストンタイプで、細部にもこだわったデザインを施しています。腕(テンプル)部分のアセテート模様が、華やかな雰囲気を演出します。

SUN2093T-2S

SUN2093T-2S

SUN2093T-2S ¥6,000税込

シンプルな見た目の、フルリムボストンサングラスです。大ぶりなフォルムで、モダンな雰囲気に仕上がっています。シーズンを問わず使いやすく、手元に1本あると重宝するサングラスフレームです。

度付きサングラスは一本あると便利!ギフトにもおすすめ

度付きサングラスは幅広いシーンで活用でき、1本あるととても便利です。デザインやレンズの種類が豊富なので、この記事を参考にしながら、使用する用途を考慮して選んでみてください。メールやSNSで気軽に贈れるOWNDAYSのギフトチケットはサングラスにも使用できるため、親しい知人や感謝を伝えたい人などへの贈り物としてもおすすめです。

記事一覧に戻る
TOP

TOP