EYE CAMP PROJECT

One Vision Project

OWNDAYS Eye Campは新たに
社会的な盲導犬の認知・普及活動を
全面的に応援する活動をスタートします

VIDEO

知っていますか?日本の盲導犬の現実

盲導犬を必要とする潜在需要は3,000

盲導犬の数は909

※ 2020年3月末

日本の盲導犬数は諸外国と比較するとまだまだ低水準であることも事実です。たとえばイギリスは、人口は日本の半分ほどですが、盲導犬ユーザーは4,000人です。

歩きにくい道路環境

施設での同伴拒否など

追いついていない社会体制

社会の中で盲導犬同伴でのアクセス権が保障されているにもかかわらず、残念なことに今尚「犬は入れない」と施設利用や入店を断られる、いわゆる盲導犬の「受入れ拒否」が後を絶ちません。企業として「盲導犬は受け入れる」指導はしていても、現場で直接対応をするスタッフ、アルバイト職員まで浸透しているかどうかがカギを握っていると言えます。

OWNDAYSでは皆様から頂いた収益の一部を盲導犬の育成支援活動へ
充てていきます。

活動内容

同じ”目のパートナー”として
OWNDAYSが行なっていること

目に携わる事業を行うOWNDAYSとして、同じ【目のパートナー】として盲導犬育成活動を支援するとともに、共生に焦点をあて社会的な盲導犬の認知・普及活動を全面的に応援していきます。

ハーネスバッグ贈呈式

2019.01

ハーネスバッグ贈呈式 2019.01.31

ハーネスバック使用者数258

OWNDAYSでは皆様から頂いた収益の一部を盲導犬の育成支援に充てています。
この度、当社オリジナルデザインで盲導犬の背中に付けるハーネスバッグを制作し日本盲導犬協会様へ贈呈しました。

これまで、盲導犬のハーネスは持ち手がUの字になったものが主流だったのですが、現在日本盲導犬協会では多くの盲導犬ユーザーがIの字のバーのようなハーネスを使っています。
ですが、このハーネスにぴったり装着ができる公式のバッグは作られておらず、バータイプに対応するものとしては今回が初めてとなります。
ユーザーさんからの意見を元に、容量も大きくし、雨天時でも対応できるジッパーや撥水加工も施されています。

配布のご案内は、日本盲導犬協会より行っており、希望者に無料でお渡ししています。

愛用者のコメント

まさにこのサイズ感のハーネスバックが欲しかった!
機能もグッドで今日もルンルン歩きます!

愛用者のコメント

まさにこのサイズ感のハーネスバックが欲しかった!
機能もグッドで今日もルンルン歩きます!

とても素敵なハーネスバッグをプレゼントしてくださりありがとうございます。
私のパートナーであるプラムは、とても小柄な犬なんですが、ちょうど背中に収まるサイズ感です。プラムよりも大きなワンちゃんであれば、尚更使いやすい大きさだと思います。ファスナー付きの部分は収容量も大きいので処理済の袋がゆったりと入る余裕があります。マグネットのポケットはとても使いやすいく、「いざ!」という時にすぐ取り出せます。手触りも良い素材で、防水機能も高いと感じています!

チャリティーピンバッジ発売

2020.11

盲導犬チャリティーピンバッジ 販売開始 2020.11.01

この度、全国の店頭にて盲導犬チャリティーピンバッジの販売を開始しました。ピンバッジの売り上げは、日本盲導犬協会に寄付し、盲導犬育成のために役立たせていただきます。

盲導犬の育成における公的な助成は少なく、育成に必要な費用の多くは皆様からのご支援によって成り立っています。本ピンバッジは、一般社団法人 盲導犬総合支援センターで製作しており、その売上を盲導犬育成支援に充てています。
しっぽをふって歩く盲導犬のピンバッジは、イエローとブラックの2色展開。シンプルで可愛らしいデザインのためお洋服やバッグのちょっとしたワンポイントにおすすめです。

協会車の寄付

2020.12

神奈川訓練センター 協会車の寄付 2020.12.10

盲導犬ユーザーさんのお宅へのお伺いや、PR犬を連れた各地での啓蒙活動の移動に使用するための協会車を神奈川訓練センターに寄付しました。寄付した車のデザインは、日本盲導犬協会とOWNDAYSのロゴが大きくプリントされています。

訓練犬の数の多さも群を抜き、日本で唯一の盲導犬訓練士学校を併設する神奈川訓練センター。犬の育成のみならず、訓練士も育てている国内唯一の訓練センターであり、 協会の盲導犬訓練拠点として機能しています。

OTHER PROJECTS

  • EYE CAMP

    震災や災害でメガネをなくしてしまった人や、アジア途上国のメガネを購入できない人たちへ、現地に赴きメガネ配布活動を行っています。

  • single parent support

    認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)と支援提携し、ひとり親世帯の子供を対象に、メガネを届ける支援活動を行っています。

TOP

TOP