OWNDAYS MEETS vol. 24 小宮有紗女優/声優

OWNDAYS MEETS 24回目のゲストは女優 / 声優として活躍する小宮有紗さん。多分野に渡って演技の幅を広げチャレンジし続ける彼女に、演技に対する思いや今までの道程、これからについてお話を伺いました。

小宮有紗プロフィール写真

小宮有紗

女優/声優

1994年2月5日生まれ。栃木県出身。中学生の時に渋谷でスカウトされ、2012年にテレビ朝日系列『特命戦隊ゴーバスターズ』の宇佐見ヨーコ役でテレビドラマ初出演。
2015年にはアニメ『ラブライブ! サンシャイン!!』で黒澤ダイヤ役で声優デビューすると同時に、スクールアイドルグループ「Aqours」のメンバーとしても活動を開始。
2018年にはアメリカのテレビドラマ『FAMOUS IN LOVE』のペイジ・タウンセン役として吹替声優デビューを果たす。弱冠25歳という若さで様々なジャンルの演技にチャレンジし続け、女優としても声優としても今後の活躍が注目されている。
- 主な出演作品 -
2012年『特命戦隊ゴーバスターズ』宇佐見ヨーコ役
2015年『ラブライブ! サンシャイン!!』黒澤ダイヤ役
2016年『夢二〜愛のとばしり』彦乃役
2017年『新宿スワンII』
2018年『放課後戦記』配諏野支檻役
2018年『ダブルドライブ 〜狼の掟〜』 中村かなで役
2018年『アウト&アウト』北川理恵役
2018年『宇宙戦艦ヤマト2202 第6章 回生篇』日下部うらら役
2019年『お前ら全員めんどくさい !』一宮数美役

もともと役者になることを目指していたのでしょうか?

特にそういうわけではないですが、中学校3年生の時にバレエの先生と渋谷にトウシューズを買いに行った時に、今の事務所の方にスカウトしていただいたのがきっかけです。
当時は正直、役者を目指すことは全然考えていなくて、ずっとクラシックバレエを習っていたので、バレエの表現の「足し」になるんじゃないかと思って事務所のレッスンを受け始めたっていう感じですね。
バレエを始める前はセーラームーンになりたくて。似てるじゃないですか、バレエのチュチュが (笑)
それでバレエで踊り始めたらどんどん熱中していったので、ステージとかカメラの前に立って何かをしたりするのが好きというわけではありませんでした。

役者として意識していることはありますか?

「何歳までにこういう仕事ができなかったら辞めよう」っていうのをいつも考えているんですけど、でもなぜか次の仕事が決まって辞めずに続けていたら「気付いたら今ここにいる」っていう感じですね。
仕事があるから続けているというよりも、毎回一つ一つやりたいことがあって、それを実現しようと一生懸命挑戦していたら、目標が実現できて、また次の目標ができて。
このお仕事って自分が楽しくないと、観ている方たちも楽しくないので、自分がいかに現場の中で楽しくいられるかっていうのはとても大切だと思っています。
例えばステージで歌って踊る時も、必死に踊る姿も素敵なのかもしれないけど、さらにそこに「楽しい」が入った方がキラキラできると思うし、観に来てくださった方もより楽しんで応援できるのかなと考えています。

なぜ色々なジャンルで挑戦しようと思ったのでしょうか?

最初に「声優に挑戦したい」と事務所の方に相談したら「映像のお芝居と声優のお芝居がどちらも中途半端になってしまうから止めたほうがいい」って言われたんですけど、その時もまだ20歳前半でしたし、今もまだ25歳で、まだどれが自分に向いているかわからないというか、自分に向いていることを探すためにも色々なことに挑戦してもいいんじゃないかなと思ったんです。
とにかく興味のあるものは頑張って挑戦してみます。もし挑戦しないで「ああ、やっとけば良かったな」って後悔するよりは、挑戦して失敗する方がまだマシだと思っています。

自分が役者として成長したと実感した瞬間はありますか?

手応えは正直わからないんですけど、声に重点を置いたお芝居に挑戦したからこそ映像の現場に行った時に発見できることもありました。
そもそも女優と声優では台本の作りが全く違うので台本の読み方も違いますし、同じ声優でもアニメなのか海外の吹き替えなのかでまた違ってきます。
例えば吹き替えの場合、海外の方の表情とか口の動きに合わせるので、お芝居を意外と大げさにしてしまっても良かったりとか。
吹替の仕事も初挑戦で、本当に赤ちゃんみたいな感じなんですけど、ベテランの方とお仕事をご一緒させていただく機会が多くなってきたので、仕事の仕方を必死に見て学びながら日々自分の演技を更新しています。
本当に全てが勉強なんですけど、いろいろなことに挑戦させていただいているおかげで、どんな仕事が来ても焦らずに対応できるようになったのは大きいと思います。

役者として目指していることはありますか?

一番目指したいところは、別に「私」に気付かれなくても良いなっていうのがあります。
「小宮有紗が出てる」じゃなくて「この役の人、小宮有紗だったんだ」って言われるような役者になりたいといつも思っています。
アニメのエンディングで「え!この役この人がやってたんだ!」っていうのあるじゃないですか。自分がそうなれるかっていうのはもちろんわからないですけど、そういう役者になるのが目標ですね。
最近は大変ありがたいことに声優の仕事をたくさん頂いているんですけど、その分映像の仕事の方ももっと頑張りたいなと思っています。
ひと昔前の日本が舞台の映像作品とか時代劇とか、最近はそういう作品にも挑戦してみたいと思っています。よくマネージャーさんに顔立ちが古いって言われるので、もしかしたらそういう役に向いているのかもしれないって思ってます ( 笑 )

Guest Select lillybell

  • lillybell/LB1002G-8A

目が悪いので家でも普段メガネをかけるんですけど、丸いメガネの方が好きですね。
今回はオクタゴン型が最近流行ってると聞いて、あと色がすごい可愛かったのでこのメガネにしました。
台本を読む時には必ずかけています。もちろんオシャレの一つとして出掛ける時もお気に入りのメガネをかけて出掛けることもありますね。

品番
LB1002G-8A
価格
¥7,980 + 税
カラー
C2 ブラウン
TOP

TOP